カプセルと女性

トレチノイン治療の注意点

髪が長い女性

シミなどの皮膚トラブルの治療に使用されているトレチノイン。
非常に効果の高い薬として広く知られていますが、その効果の高さゆえに副作用の心配もあります。
もちろん薬の安全性は確保されていますが、使用には注意が必要です。
トレチノインの副作用としては、皮膚が赤くなったり、痒みがでたりすることです。
この薬を利用すると、いわば日焼けをしたような状態になります。
日焼けがひどい場合、皮膚が赤くなったあと数日したら肌がボロボロと剥けてくることがありますが、トレチノインを使用した時もこのような状態になることがあるのです。
もちろん個人差はありますが、人によってはこのような皮膚炎を引き起こすこともありますので注意しなければいけません。
またトレチノインを使用すると、肌の水分量も不足しがちになります。
日焼けと同じような状態なので、保湿には注意する必要があります。
乾燥するシーズンなどは特に要注意です。
さらにトレチノインとよく併用されるハイドロキノンにも気をつける必要があります。
強い美白作用があるハイドロキノンですが、それだけに紫外線の影響も受けやすくなります。
トレチノインですでに肌は敏感になっているので、しっかりとした紫外線対策は大変重要になるのです。
できるだけ日差しの強い日の外出は避け、どうしても外出せざるを得ない時は極力肌の露出を避ける服装で出かけるようにしましょう。
日焼け止めの使用はもちろん、日傘や帽子の着用は必須です。
このようにとても効果の高い薬であるトレチノインですが、メリットばかりではありません。
アレルギー体質の人は特に気をつけなければいけないでしょう。
少しでも異変を感じた場合はすぐに使用を中止し、専門医の診断を仰ぎましょう。